日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

ども、ゆうきです。

中国輸入の友達に教えてもらって、

すごく良い情報だったので、シェアします。

すでに輸入ビジネスをやっている方のための記事なので、

やってない人は意味わからん内容です。

関税の支払い方法の種類

あなたは商品を輸入したとき、関税の支払いはどうやって行っていますか?

クレジットカード払い?

銀行振り込み?

着払い代金引換?

いろんな方法ありますね。

僕もすべての方法は経験済みです。

で、一番よかったクレカ払いを使っていました。。。

しかし!!めっちゃいい方法があったんですよ。

それこそが、

リアルタイム口座振替方式

です。

今までは、空港に到着したら、荷物届いて、通関したから

関税払ってくれと連絡が来て、振込みなりクレカなりで支払った後に

通関していました。

後日払いにおいても、いちいち支払いを行う。という作業が発生している状況でした。

しかし、

リアルタイム口座振替方式

を採用すると、

通関のスピードが1~2日ほど早くなる

通関立替手数料600円がかからなくなります。

マジ便利。

ということで、ここからリアルタイム口座振替方式

を利用できるようにするまでの流れを書いていきます。

リアルタイム口座振替方式とは?

輸入した人を特定し、

関税の支払いを指定の口座から自動引き落とししてくれるシステムです。

これをやっていると、特定が早いので、通関が早くなり、

必要な書類の作成も簡略化できるので、立替手数料600円がかからなくなります。

1つの追跡番号×600円かかるので、

分けて発送している場合などは、結構バカにならないです。

リアルタイム口座振替方式のメリット・デメリット

大きくメリットは3点

1.通関のリードタイムを1〜2日早められる。

2.関税の支払いを指定した口座から自動引き落とし。

3.立替え手数料600円が免除される。

デメリット

なし!!

いいことしかないです。

なので、絶対にやったほうがいいんですよ。

コストについて

登録にかかるコストがあります。

手数料(6,600円)だけ、初回だけ。

かかります。

*ジャストプロに代行してもらわずに、無料で輸出入者コードを発行する方法では、無料で作ることができます。

ただし、個人・個人事業主のみ受付しています。

無料で輸出入者コードを発行する場合はこちら。

とはいえ、これを利用していない場合

毎回立替手数料600円かかっているので、

11荷物発送したら、もう元はとれます。

コストとは呼べないですね。このくらいはすぐさま払いましょう。

利用しないだけ立替手数料分の損が積み重なっていきます。

利用までの大まかな流れ

1、日本輸出入者標準コードを取得する

(JASTPROに代行で取得してもらう。)

2、登録時に発行される受付番号を住民票に書いて送付・払い込み

3、輸出入者標準コードが発行されたら、リアルタイム口座の登録手続きを行う

4、中国から発送してもらう時に情報を伝える

以上、たった4ステップで完了します。

作業的には30分、完了までの期間的には10日くらいです。

では、細かい作業方法を記していきます。

1、日本輸出入者標準コードを取得する

2017 04 14 16h35 34 600x260 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法 

「日本輸出入者標準コード」というコードを取得することで特定のための時間が不要になり、すぐに通関作業に入ることが出来ます。

日本輸出入者標準コードの取得は、

NACCSで行うのですが、 NACCSへは、個人では登録ができませんので、個人の場合には他の会社に代行して登録してもらう必要があります。

ジャストプロを通して、登録してもらいましょう

2017 04 14 16h36 01 600x382 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

こちらから、登録申請をおこないます。

*リンククリックでエラーになったら、TOPに戻るをクリックしてください。

2017 08 17 15h51 46 600x145 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

「Webからの諸手続」を選択し、「新規申込」を選択し、

「法人」か「個人」かを選択してください。

FAX番号は、なければ00-0000-0000で良いです。

2017 04 14 16h36 34 600x562 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

受付番号を住民票に書いて送付・払い込み

2017 04 14 16h36 49 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

Webで登録した後に、メールが届くので、記載されている口座に

手数料(今は6,600円)を振り込んでください。

その後、個人事業主はマイナンバーの入っていない住民票を準備して、

登録時に発行される受付番号を住民票に書いてFAXか郵送してください。

特に不備などがなければ、1週間程度でコードは発行されます。

郵送で届きますので、大切に保管して下さい

万一わからないことがあれば、

電話での問い合わせ窓口もありますので、ご活用ください。

ジャストプロ TEL.(03)3555-6034

輸出入者標準コードが発行されたら、リアルタイム口座の登録手続きを行う

下記URLから、申請用紙をダウンロードして、

「申し込み」から、申請書にて、郵送にて申請を行う。

URL

申請が完了するスピードは銀行によって違うので注意

登録が完了すると、郵送にて完了したよ!

と書類が届きます。

中国から発送してもらう時に情報を伝える

中国から発送してもらう時にインボイスをつけてもらうことで、

自動的に引き落としされます。

3点記入が必要になります。

・ご契約名義

 田中一郎

・輸出入者コード

 P0014V◯◯◯◯◯◯

・口座情報(金融機関コード4+ 支店コード3口座番号7桁からなる14桁の数字

  000◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

以上!

まとめ

すんごい簡単な手続きで

1.通関のリードタイムを1〜2日早められる。

2.関税の支払いを指定した口座から自動引き落とし。

3.立替え手数料600円が免除される。

メリットが3つもありますので、

かならず実施しましょう!!

 

 

NACCSに登録して、インストールソフトから通関明細を取得する

リアルタイム口座引き落としを採用すると、通関明細が来なくなります。
この場合は、通関業者に問い合わせをし、荷物番号を伝えて明細をメールまたは郵送で送ってくれと頼む必要があります。

 

しかし、そんなのはめんどくさいので、ネットからダウンロードできる方法を紹介しておきます。

NACCS掲示板で、登録して、取得した輸入者コードを紐づけておくことで、
ソフトから明細がダウンロードできるようになります。

 

下記の手順でマニュアルを取得して、登録、利用を開始しましょう。

2017 11 29 16h52 46 600x562 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法 2017 11 29 16h53 05 600x335 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「LINE」でお友達になりましょう!
また、どんな小さなことでも大丈夫です、 わからないことがあれば、【LINE】にて、質問くださいね ちなみに、友達に追加するだけで無料で有益なレポートがすぐ見れます。
下記ボタンをタップ!PCは表示されるQRコードを読み取って追加してください。

addfriends ja 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法

最後まで読んでいただいてありがとうございました!よかったらメルマガ登録してみてください
メルマガ登録
衝撃の無料メールレクチャーを実施中!!
メルマガ限定特典でリアルコンサルの割引情報もお伝えします!
>>メルマガ登録へ<<
Hi There3 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法
Hi There2 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法
管理者ゆうきの開発したamazonツール
ecautob 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法
amamail 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法
AMACHECK 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法
cellarchecker 日本輸出入者標準コードの取得「NACCS」とリアルタイム口座振替方式を採用し、通関を早める&安くする方法