BMC 商標についての詳しい解説


アマゾンの独占販売にあたっての商標についての解説です。


マークdeドットコムで、商標申請を代行してもらい、取得します。

 

申請方法

商標(ブランド名)を5点ほど決めて、メールにて、雑貨小売で商標取りたい。

と連絡をする。




ブランド名はたとえばこんな感じで送ると良い。

そうすると、ひらがなにすれば取れます。とか、ハイフンを入れれば取れます。

などアドバイスがもらえます。

 

  • ABC SHOP
  • エービーシーショップ
  • ショップABC
  • YAMADA-ABC
  • やまちゃんABC

 

その際に、取り扱うであろう商品の具体的な商品を見せる必要があるので、

URLを送っておく。なるべく多くのジャンルのURLをおくってください。

工具・服・電子系などなど

 

返信が来る

下記のような形で、返信がきます。

 

出願する場合、この商標をどのような商品やサービスに使用するか
明確に特定する必要があります。



「多種類の雑貨を販売します」とありますが、
「雑貨」というくくりでは不明確のため拒絶されます。
もう少し具体的な商品を列挙してください。(これはURLが足らないと言われる)



おそらく御社は他社ブランドの商品を仕入れてアマゾンなどで
ネット通販するための店舗商標として使用すると思われますが、それで正しいのでしょうか。

その場合、35類の小売役務を指定することになります。1区分のため、
出願時及び登録時にかかる費用は以下の通りです。
登録時に5年分割納付するか10年一括納付するかにより場合分けされます。

(1)1区分で出願し登録料5年分納付の場合
出願時:¥22,800(手数料¥10,800 印紙代¥12,000)
登録時:¥21,800(手数料¥ 5,400 印紙代¥16,400)
合計 :¥44,600

(2)1区分で出願し登録料10年分納付の場合
出願時:¥22,800(手数料¥10,800 印紙代¥12,000)
登録時:¥33,600(手数料¥ 5,400 印紙代¥28,200)
合計 :¥56,400

また、多数の小売役務を指定する場合、
使用開始の意思と事業計画書の提出が求められますので、
上記出願費用とは別に手数料として5400円(税込)がかかります。
事業計画書の提出時期は、御社が商売を始めた後の方がよいと思います。

なお、オリジナルブランドとして商品に使用する場合、
各商品の区分(類)を指定する必要があり、多くの区分を
指定するため莫大な費用がかかります。
ただ、35類と、オリジナルブランドにしたい主要な商品の区分(類)を
同時に指定することは可能ですし、そのようなクライアント様もおります。

———————————————————-

 

 

2区分とらないといけないのか?

結論から言えば、いまのところでは、取らなくていいです。

僕は、過去にpresent-webというところから

商標侵害であいのりを削除されたことがあるのですが、

そのときのことを相談した内容を載せておきます。

 

 

present-web 登録商標番号: 第5630634号
では35類でとられていますが、
本来であれば、9類で権利化すべきところです。

ところが、アマゾンの場合、35類(小売)であろうが9類(商品)であろうが、
権利者から侵害の報告を受けた場合、
「一律に」相手方に権利侵害の報告を行うようです。


アマゾンからの通知の内容は、
「アマゾンは当事者ではないので、当事者間で話合って問題を解決してください」
というものだと思います。

つまり、権利侵害であるか否か、アマゾンは全く判断していません。



したがって、本来であれば、上記の商標登録権利者からの侵害報告を
受けたならば、御社は「相手方(株式会社プレゼントサービス)の権利は
35類(小売)で権利化しているので、当方の行為は商標権侵害には該当しない」と
反論すればよいのです。


専門家の間でも、アマゾンの相乗りを商標権侵害で排除する場合には、
35類の小売商標ではなく、商品商標で行うべきというのは共通認識になっています。

 

用は、35類1つでいい

用は、35類でも、アマゾン的には対応してくれるということになります。

法律的に、裁判でたたかうことになれば負けますが、

そこまでしなくても、アマゾンのページが守られればいいわけですね。

ということで、35類でとってください。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「LINE」でお友達になりましょう!
また、どんな小さなことでも大丈夫です、 わからないことがあれば、【LINE】にて、質問くださいね ちなみに、友達に追加するだけで無料で有益なレポートがすぐ見れます。
下記ボタンをタップ!PCは表示されるQRコードを読み取って追加してください。

addfriends ja BMC 商標についての詳しい解説

最後まで読んでいただいてありがとうございました!よかったらメルマガ登録してみてください
メルマガ登録
衝撃の無料メールレクチャーを実施中!!
メルマガ限定特典でリアルコンサルの割引情報もお伝えします!
>>メルマガ登録へ<<
管理者ゆうきの開発したamazonツール
amamail BMC 商標についての詳しい解説
AMACHECK BMC 商標についての詳しい解説
cellarchecker BMC 商標についての詳しい解説